オプションの指定

オプション

イメージマジック

オプションは、画像を変換(合成・生成)する際に、どのように変換(合成・生成)するかを指定するもので、ImageMagickのキモともいえる部分です。

たくさんの種類がありますが、実際のWEBサービスで使用する可能性があるものに絞れば、ある程度限定することができます。

オプションの書き方

-オプション名    オプションのプロパティ
例) -gravity center

上記のように、-(ハイフン) に続けてオプション名を記入し、半角スペース開けてオプションのプロパティを記入します。
オプションのプロパティは使用するオプションにより、任意の数字やImageMagick指定のプロパティが用意されている場合などがあります。

オプションは下記のように半角スペースを空けて記入することにより、複数記入することが可能です。

例) composite -gravity center -compose over before1.jpg before2.jpg after.jpg

オプションを複数記入する際に、一つ注意していただきたいのが記入の順番です。
ImageMagickでは、記入の順番通り左から右へオプションが適用されていきます。

例) convert before.jpg -bordercolor red -border 20×20 after.jpg

▼実行結果
-bordercolor実行結果1

上記は、画像の縁に赤いボーダーを追加する構文ですが、下記のようにすると異なる結果となります。

例) convert before.jpg -border 20×20 -bordercolor red after.jpg

▼実行結果
-bordercolor実行結果2

先に-border 20×20 が適用されたため、デフォルトのカラーでボーダーが描画されてしまっています。
慣れてくると複数のオプションを指定する機会が多くなりますが、どのオプションを先に記入するべきか、実行結果も確認しつつ記入する必要があります。

最後までお読みいただきありがとうございます。お役に立てましたなら嬉しいです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*